「木」と「和」と「モダン」が交錯する家 ≪菅原1丁目≫

今すぐ行ける

一つでは語ることができない
想いが「交錯」する家

大阪市内の家をよく見ると、間口の狭い家を多く見かけます。この家はそのような家をスタイリッシュに魅せる提案をしています。

家の中に入ると、日本の美を感じられる和室があったり、木目に心奪われるモダンなLDKが広がるなど、さまざまな仕掛けがなされている、設計士の遊びゴコロを感じる一邸です。

コンセプト

  • 【折り下げ天井】

    ダイニングとキッチンをまたぐように大きく設け、LDK全体の空間が雄大に感じるようにしました。折り上げた部分にはクロスを施し、視線が自然と上に行くようにしています。クロスは濃い色の木目を採用。落ち着いた雰囲気で過ごしていただけるように選びました。

  • 【和室】

    扉を和襖(ふすま)にしています。より洗練された「和」の美しさが強調された一部屋が実現しました。
    畳も琉球風畳にすることでデザイン性を向上させています。さまざまな色を選べる琉球風畳ですが、今回はあえて「い草」を感じられるカラーにしています。

  • 【外観】

    少し出っ張りを出した外壁デザインを施し、ファサードには木目をあしらわせています。外構にはスリット目地を設け、通りから見て目を引くようにデザインされています。

土地面積 : 79.49㎡(24.04坪)
建延面積 : 105.30㎡(31.85坪)