柔らかく広がる家

今すぐ行ける

柔らかな印象のインテリアと
空間に広がりを感じられる工夫
 

家族と家族の暮らしをやさしく包む家は、のびやかで穏やかな空間にしたいもの。この家は、各所に空間の広がりを感じられるいろいろな工夫を凝らしました。

約19帖の広いリビングをさらに広く感じさせるバルコニー、窓を設けた明るい印象の玄関などの工夫が穏やかな暮らしを演出します。

また、各所に北欧を感じさせる優しい色のアクセントクロスや木目調で統一した床や建具などが、家全体を柔らかな雰囲気で包み込みます。

コンセプト

  • 外部吹き抜けを設けたバルコニー

    2Fバルコニーの上部に設けた外部吹き抜けにより、リビングから出てみると空がいっぱいに見え開放感あるバルコニーとなりました。

    また両サイドに立ち上げた目隠し壁により、バルコニーが視線を気にせず過ごせる空間となります。

  • 北欧テイストのみずみずしい空間

    北面からの安定した光を採り込むリビングは、明るい木目の家具を淡いカラーのフロア材が引き立てる優しげな雰囲気に。また、アクセントとなるラグやソファの色味もグレイッシュなトーンのものにすることで、柔らかな印象。

    照明器具や、アクセントとして洗面室やトイレに施したパターン柄の壁紙とあいまって、家全体で北欧テイストを醸し出すようにしています。

土地面積 : 62.10㎡(18.78坪)
建延面積 : 105.29㎡(31.85坪)

  • 2F

    広いリビングをさらに広く演出、
    外部吹き抜けでバルコニーも開放的に

    淡い木目調のフローリングが優しげな印象のLDK

    ワイドなバルコニーを隣接させることで、お部屋をより広く感じることができます。バルコニーに設けた外部吹き抜けからは青空がのぞき、のびやかな空間を演出します。

    2Fレイアウト

    2階バルコニーに外部吹き抜けを設けることで、そこから空がのぞき開放感が生まれます。たくさん家が並ぶタウン内でも外観のデザインに変化をつけることができます。

    • 約19帖のゆったりとした空間

      リビングダイニングルームは約19帖のワイドな空間。バルコニーも隣接しており伸び伸びとお過ごしいただけます。

    • ワイドなバルコニーを隣接

      バルコニーとリビングをつなぐ窓は4枚引き違い戸で開放感も十分です。

    • キッチンをスッキリ&きれいに

      キッチン大容量のカップボードを設けているのでたくさんの食器やよく使う調理器具をすっきりきれいに収納しておけます。

    ハイドアを採用

    階段とリビングの間の扉は、開口部分が通常より高いハイドアを採用しました。

    階段とリビングを繋ぐ扉

    扉を開け閉めする際、縦方向への空間の広がりを感じることができます。

    風通しが確保できる窓

    ダイニングスペース横には大きめの滑り出し窓を2つ設けました。
    匂いなどがこもりやすいキッチン・ダイニングスペースをすっきり気持ちよく保つことができます。

  • 1F/3F

    ゆとりを感じられる空間づくりと
    暮らしやすい動線に配慮しました。

    家に一歩入った時の印象が明るい開放的な空間を工夫

    玄関は1階にあるため暗くなりがちですが、2面に窓を設けることで家に一歩入った時の印象が明るい開放的な空間になりました。また、ガレージから玄関への動線にも配慮し、庇になるバルコニー部分があることで、雨の日もぬれずに玄関に入れます。

    1階レイアウト

    1階駐車スペースに張り出したバルコニー部分が庇になるので、雨の日でも濡れずに車から玄関へ入ることができます。また、車も雨ざらしになることがない車にも人にもやさしい設計となっています。

    玄関の明るさを確保

    暗くなりがちな玄関は、採光できる滑り出し窓を2面に設けることで明るさを確保しました。
    空気がこもりがちな空間も換気ができすっきり爽やかに保つことができます。

    • カースペースに面した4.5帖の洋室

      荷物の出し入れがスムーズに行えるので、趣味の部屋や衣装部屋としてなど、多目的にご活用いただけます。

    • 1階洗面脱衣室

      洗面脱衣室を大きくとることで、収納スペースを設けることができるので、使い勝手の幅が広がります。

    • 洗面脱衣室収納

      可動棚の収納を設けているので、洗剤やタオルなどよく使うものを置いておくことができます。

    • 通常背面に設置するトイレの固定棚を前面に取り付けることで広々とした印象になります。

    • アクセントクロスの柔らかい雰囲気が強調されます

  • 3Fレイアウト

    3階洋室は広さに偏りがないよう、それぞれ7帖・6帖・4帖とバランスよくレイアウトしています。各部屋に窓を設け採光も確保しました。

    3階居室

    7.0帖の主寝室はバルコニーに面しており、出入りが可能です。引き戸を採用しており、デッドスペースが生まれない設計です。全居室とも窓と収納がついていて、外からの光が入ることで日中は明るくなります。

    • クローゼット

      壁一面にクローゼットを設けています。3階にある3部屋のうち2部屋を6.0帖以上確保しました。

    • 全室に収納を完備

      各お部屋に収納を設けることで広々と過ごして頂けます。

    バルコニー

    バルコニーの両サイド部分は壁を立ち上げているので、両隣からの視線をシャットアウトすることができます。壁が目隠しの役割を果たすので洗濯物を干す時など視線が気になりません。