心(コア)を照らす家

今すぐ行ける

人の心も住空間も
明るく照らす

ゆったりと家族みんながくつろげる、広々とした明るいリビングルーム。

玄関から階段への行き来を見守れるキッチンでは「ただいま」「おかえり」と、家事をしながら家族とコミュニケーションがとれます。

そして家の中心部分の開放的な「吹抜け+階段スペース」には、南面に設けた大きな窓からたっぷり光が差し込みます。

開放的で明るい住空間は、家族の絆が深まり、住む人の心も明るく照らし出します。

コンセプト

  • 吹抜けで家の中心を明るく

    家の中心部分の開放的な「吹抜け+階段スペース」には、南面に設けた大きな窓からたっぷり光が差し込みます。

  • キッチンで目線があう

    玄関から階段への行き来を見守れるキッチンでは「ただいま」「おかえり」と、家事をしながら家族とコミュニケーションがとれます。

  • こだわりの採光デザイン。家の中心部(コア)を輝かせます。

    駐車スペースに屋根を設けないことで、1Fに光が入りやすくしたほか、他の窓の設け方にもご注目ください。

土地面積  87.43㎡ (26.44坪)

建延面積  94.77㎡ (28.66坪)

  • 1F

    住まいを明るく
    気持ちも明るく

    自然光をふんだんに

    陽当たりの良い立地を生かし、1階は可能な限り自然光を取り込む設計となっています。窓を多く設け、照明に頼らずに明るい空間を演出する工夫を施しました。

    ❶ 玄関収納

    玄関ホールに大容量の収納スペースを設けました。お出かけの際にカバンやアウターなどがすぐ取り出せて便利です。

    ❷❸ オープンな車庫スペース

    インナーガレージではなくオープンにすることで、1Fダイニングなどに光をふんだんに取り込むことができます。玄関ポーチ付近には自転車をゆったり停めておけるスペースを確保しています。

    • ❹ 光あふれる家の中心部

      帰宅したときやお出かけするときに必ず通る、リビングドアのあたりが最も明るくなるように演出しました。キッチンからよく見え、家事をしているときも家族とふれあう時間が自然と増えます。

    • ❺ 高所用の窓

      リビングスペースに設けた高窓からやさしい光が差し込みます。窓の高さは隣地道路からの目線が気にならないよう調整しています。

    • 約19.5帖のLDK

      暖かい色味のグレー色とやわらかで明るいウッド色でコーディネートされたLDK。2Fから降りてきたときに、真ん中のぐっと目をひく位置にキッチンが配されています。

  • 2F

    目線に配慮した窓
    お子さまの成長も考慮

    ❻ 洋室

    約12帖の洋室は将来的に間仕切って、2部屋に分けることができます。

    2階部分の窓

    階段側の窓から差し込む光によって、1階と同様2階も明るく過ごしやすい空間になります。

    ❼ 隠し壁のあるバルコニー

    西向きの洋室では、バルコニーに目隠し壁を設けました。隣地からの目線を気にすることなく、部屋に光を取り込むことができます。