吹抜けで家族つながる三連窓の家 ≪木川西2丁目≫

今すぐ行ける

遮音性能を高めた住まいで快適な都市生活を

都市部の住まいでは、幹線道路や鉄道・消防署などの近隣の立地となることもしばしばありますが、バルコニーの設置方法やサッシなどの
建材の選び方で、家の外の騒音が軽減するように建てることが可能です。

この家は、建物正面にバルコニーを設けないという選択肢をきっかけに、遮音性能を高めた設計による快適さだけでなく、
窓配置などを通じたデザイン性も追求して建てました。

また、内部吹抜けにより上下のフロアの家族の様子のわかる空間で過ごせる住まいとなっています。

コンセプト

  • 【 三連窓 】

    縦長の大きな窓が3つ設けてあります。外観のアクセントにもなり、外からの人の視線や音などを気にすることなく、光をふんだんに室内に取り込むことができます。

  • 【吹抜け・室内窓・透明パネル】

    吹抜け・室内窓・透明パネルなどで3階と2階の空間の一体性を高めました。別々のフロアで過ごす時も、お互いの存在を意識し合うことができる設計となっています。

  • 【外観】

    落ち着いたブラウンがベースの外壁が凛とした印象を与える外観デザイン。3階建+ルーフバルコニーがあるので上方向に伸びる建物のラインが洗練されたイメージに。2階・3階の窓の配置もユニークです。

土地面積 : 70.63㎡(21.36坪)
建延面積 : 102.97㎡(31.14坪)

  • 3F・PH

    【吹抜け】

    3階各洋室からは吹抜け側に窓を設けています。廊下側には透明パネルなどで空間の一体感を作る事ができ、各場所でお互いの存在を認識できるようになってます。

    【3階・PHレイアウト】

    【3階洋室北】

    バルコニーからの光も取り入れています。

    • 【洋室南側】

      ウォークインクローゼットがあるのでお部屋がすっきり使う事ができます。

    • 【ウォークインクローゼット】

      廊下からも出入りができる設計となっており、家族の衣類やレジャー用品の収納などさまざまな用途に使えます。

    【3階バルコニー】

    【ルーフバルコニー】

    3階からさらに階段を上がったその先は、約7帖のルーフバルコニーを設けました。手すり壁を高く設定しているのでプライバシーが守られ、開放的な空間でBBQなども楽しめます。

  • 2F/LDK

    【LDK】

    北側のリビングスペースには縦長の大きな窓が3つ設けてあります。外からの人の視線や音などを気にすることなく、光をふんだんに室内に取り込むことができます。

    【2階レイアウト】

    • 【ダイニング】

      上部の吹き抜けが空間を広々魅せています。

    • 【2階からみた吹抜け】

      三階の部屋に内窓を設けました。

    【キッチン】

    キッチンからは明るいLDKを一望することができ、リビングで過ごす家族と会話を楽しんだりする事ができます。

    【洗面室】

    横には洗濯物などをかけておけるポールもあります。

  • 1F

    【玄関】

    玄関には家族の靴がたっぷり入るシューズボックスがあり、玄関をいつでもスッキリと保つことができます。

    【1階レイアウト】

    • 【洋室北側】

      各部屋に収納を設けています。

    • 【洋室南側】

      6帖の洋室なので広く使えます。