• 写真あり
  • 住吉区

参考にしていたモデルハウスは、見れば見るほど、ヒントになりました。

参考にしていたモデルハウスは、見れば見るほど、ヒントになりました。住吉区 H様

住吉区の注文住宅で家を建てました。H様にお聞きしました。
Q1●家づくりの問い合わせのきっかけは何ですか?
結婚したから。
Q2●当社の印象はどうでしたか?
丁寧で良心的。
Q3●和光の家での新築を決めたポイントは何ですか?
保証やアフターケアが充実している所。ショールームで実際に触って見れる所がよかった。
Q4●建てた家で気に入っているところを教えて下さい。
【1Fの大容量のシューズクロゼットと、3Fのウォークインクロゼット】- とにかく沢山収納できます!
【2階トイレ】- 明るいブルー色の扉を私(奥様)が選びました。床や壁クロスで、全体におさえめの色味を選んでましたので、採用するかしないかで、ものすごく迷って悩みました。ペイントっぽいタッチのものなのですが、結果、すごく気に入りました。友達からもいいねと言ってもらっています。
【階段のところの固定窓】- 住んでみて、この窓とても気に入りました! お洒落です。階段のところが暗くならなくてよいです。
寝室にも縦長の固定窓をつけてもらったのですが、思いのほか光が入ります。こちら、明るすぎるのでカーテンをつけることにしましたが、朝日が差し込んで目覚めるのは気持ちがいいものですよ。
Q5●家づくりで、間取りが決まるまでの経過はどんなでしたか。
何より良かったのは、「対面式キッチン」の設置ができたことです。間口が存分に広い土地ではありませんでしたので、階段の位置調整などが必要でした。仕上がってみて、狭いと感じることもない具合にうまくゆきました。
テレビボードを置く場所は、階段室とのかねあいで、後ろの壁が切れてしまうところだったのですが、壁を足してもらえました。
まぁまぁ不安な感じでずっと来たけれど、引き渡しが済んで、モノを置いてみて、最終的にしっくりと来たときに、ほっとしました。
「耐力壁」との兼ね合いのところの説明なども設計士さんがしてくれ、ひとつひとつ「こうしよう」というのを決めてゆくことができました。
Q6●和光のモデルハウスで参考にされた家などありましたか?
駒川にあったモデルハウス「生活に彩りをプラスする家」(https:////www.wakohgroup.com/matrix/q_sheet/detail72/)が、
似たような立地・同じくらいの間口の土地に建った家だったので、色々と参考にしました。
3回くらい見に行きましたよ! 見れば見るほど、「ここはここまでスペースとりたい」「兼ね合いがあって、ここまでになっている」みたいなものがわかってきて、間取りを決めてゆく際にとてもヒントになりました。
Q7●実際に完成したお家に住まわれて、いかがでしたか?(ライフスタイルの変化など)
職場へのアクセスが変わりました。
Q8●入居しての感想をお願い致します。
思っていた以上に広く快適!! 理想の家ができました! 設計士さんに感謝です。
Q9●これから家づくりをされる方へ向けてメッセージを!
色々な家を見に行ってほしいな、と思います。行ってみようと思う家があれば、どれも参考になると思います。インスピレーションがわきますので、見に行って触って確かめることで、仕様決めがはかどります。
私たちの家では、床材のタイプや色を選ぶ際に、何度も悩みました。最終的に1Fと上階で色味を変えました。
その他●●家づくりを振り返って – 「シンプルなものにしすぎたかな」
床材や壁クロスを選ぶ時に、少しうるさいかなと思って柄モノのクロスや、どぎつい色・濃い色などがあまり入らないように選んでました。ところが出来上がってみると、色や柄のしっかりあるところが、思っていたよりもしっくりとくる。部分部分で使うアクセントカラーが、全体としてはそんなにうるさくならないのを、後になって実感しました。
「もうちょっと冒険をしてもよかったかな、遊んでもよかったかな」ということを今感じるのは、抑えめの色や柄を選ぶのに徹しつつの家づくりがおおむねうまくいってほっとひと息つけたことの裏返しかもしれません。
これから、どしどしと家具類が到着するので、いよいよ楽しみです。