開放的な浴室とタイル土間の家
01_title

◎ 画像をタップで拡大表示します

LDKの隣にウッドデッキを設けました。上階の大窓からの光を、階段ごしにリビングへ落とすようにしてあり、明るい大空間です。フロアには、素足が心地よいしっかりとした風合いの床材を使用。近くで見るとごつごつと立体感ある木目に惹き込まれます。

■ LDK(約23帖)の隣にウッドデッキ(約5帖・南向き)を設けました。上階の大窓からの光を、階段ごしにリビングへ落とすようにしてあり、明るい大空間です。フロアには、素足が心地よいしっかりとした風合いの床材を使用。近くで見るとごつごつと立体感ある木目に惹き込まれます。

03_dining

■ ダイニングをキッチンのすぐそばにしているので、コンロとレンジフードの間の背板をガラスパネルにし、圧迫感のない空間にしました。

04_rustic

■ 空間づかいを決める出発点で、当社のモデル《明るく開放的な家-Ⅱ》を参考にされました。

05_tvboard

■ 夏場は、デッキスペースを開けたまま過ごすことも多いそうです。 大勢の人が集まって焼肉をしたりなど、LDKの延長として広々と使えているとのことでした。 白い部分はタイル張りの土間となっており、汚しても洗い流すことができるので、活動の幅が広がります。