06_outerwall

■ 「住宅建築という枠組みをとっぱらった家づくりがしたい」N様。「断熱のため窓を減らす」話をきかっけに、無機質な白壁のファサード(「外殻」と呼びます)を軸とした空間造成をすることに。

07_innerwall

■ 車庫を外部吹抜けに設けた点が、この家の大きな特徴です。 一歩足を踏み入れればアクセントウォールの温かみある木目が目に入ります。

08_downunder

■ スキップフロアで床面の下がったところの下をエントランス部にしており、「他と比べ天井が低い」などの影響が出ずに済んでいます。

09_minimum

■ 室外機を置くためだけのバルコニー。日常の出入りをしない想定なので窓も小さなものに。

10_sky

■ 建物の躯体を、「外壁」「内壁」のような二重構造にしたことが、発想の転換軸となり、一般住宅として他に例を見ない仕様決めが出来ました。

111213_focuson1_open_wides
11_focuson1_narrows
161718_facade_balcony

■ 建物東面に大きめの開口を、リビングの窓位置にあわせ設置。採光と同時に消防法もクリア。 アルミサッシにはない断熱性能が得られるとのことで、国内最高の断熱性能を誇る樹脂サッシを採用(YKK APW330防火窓という次世代デザインのサッシ) – この家最大のこだわりどころです。

14_hanging3f

■ 洗濯パン脇の2Fバルコニー以外にも、3Fバルコニー・3F主寝室内など、人目につかない所を物干しスペースに使えるようにしています。

15_deliverybox

■ 「宅配ボックスを設けてあります!」(設計担当)

16_smart

■ 建物側面に、室外機の置けるくぼみを造成。緻密な空間使いで実現するスマートな暮らしです。