TOP >  当社の家づくり >  標準仕様と品質 >  構造標準仕様

当社の家づくり

構造標準仕様

構造標準仕様

地盤調査
地盤調査

「スウェーデン式サウンディング試験」

建物を支えているのは基礎ですが、その基礎を支えているのは地盤です。仮に地盤が軟弱で建物の荷重に耐えきれないときには、建物が沈下してしまいます。計画建物の重さに地盤が耐えられるかどうか、見ただけでは分からない地盤の強さを、地盤調査を実施することによって数値として把握します。


地盤改良
地盤改良

「湿式柱状改良工法」

地盤調査の結果を基に地盤改良を行う事があります。和光グループで行う地盤改良工事の多くは「湿式柱状改良工法」になります。この工法は地盤に穴を開けながら、同時に液状にしたセメント系固化材を流し込み、穴の中で土と撹拌して柱状改良体をつくる工法です。これにより、地盤の補強・改良ができます。


地盤保証
基礎部分
「最大20年間、最高5,000万円を保証」

地盤保証建物引き渡しより20年間、万が一、不同沈下が発生した場合には、和光グループが加入している第三者機関が建物の損害賠償をします。

和光グループが加入している第三者機関
地盤保証期間が、「和光の家」では20年。一般的な家は、10年間です。

基礎部分
基礎部分

「鉄筋コンクリートベタ基礎」

建物の基礎には、建物を「面」で支える鉄筋コンクリートベタ基礎を採用。地盤との接触面積が広く荷重負荷が分散しやすいので、地震や台風などの衝撃を効果的に地盤へ逃がします。新造成地や軟弱地盤においても優れた安定性を発揮します。また床下全面を覆うので、地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリの侵入も防ぎます。

鉄筋コンクリートベタ基礎
鉄筋の太さ、13mmを標準採用。- 建築基準法を満たす鉄筋の太さは10mmですが、「和光の家」ではひとまわり太い13mmを採用しています。さらに、コンクリート品質の確保:JISのコンクリート圧縮強度試験を行い確認しています。

土台部分
土台部分
「剛床工法(ネダレス工法)」

剛床工法とは別名:ネダレス工法ともいい、根太を設けずに横からの水平力に抵抗させるため厚い構造用合板(24mm)を使用した床組みのことです。

ホールダウン金物-基礎パッキン-アンカーボルト-大引-基礎
基礎に埋め込まれたアンカーボルトは、座金ナットで土台をしっかり固定し、また、ホールダウン金物で柱の最下部を基礎としっかり固定します。

床下換気
床下換気
「基礎パッキン工法」
和光の家の床下換気工法 - 全周囲通気でコーナー部分もスッキリ換気。

床下換気には、湿気を効率的に排出し、シロアリの繁殖や柱脚部の腐食を防止する「基礎パッキン工法」を採用。これは木造土台部分とコンクリート基礎の間にパッキンを入れて固定するもので、一般的な基礎切り欠き換気口に比べ、1.5〜2倍の換気性能を発揮。基礎の強度性能を低下させる心配もありません。

一般的な通気口換気
一般的な通気口換気
基礎を削って通風口を施工すると、その部分は他の基礎部分より、地震時に弱くなって揺れに耐えきれず崩壊の恐れも懸念されます。
従来の床下換気工法

防蟻処理
防蟻処理

「エコボロンPRO」

従来の防蟻処理は農薬系の薬剤が一般的に使われており、これでは農薬成分を蒸発させてシロアリを防いでいるので、薬剤の匂いやシックハウスの原因となる化学物質に囲まれていました。「エコボロンPRO」は、木材にホウ酸を染み込ませ、シロアリに食べられない木にするので、人体には無害・無臭の防蟻剤です。

一般的な防蟻処理:高濃度の殺虫剤や農薬を刷毛やローラーを使って塗布・噴霧する処理が行われます。薬剤が内部に浸透しにくく、木材に割れが生じた時など、そこからシロアリの被害を受けることもあります。
一般的な防蟻処理:高濃度の殺虫剤や農薬を刷毛やローラーを使って塗布・噴霧する処理が行われます。薬剤が内部に浸透しにくく、木材に割れが生じた時など、そこからシロアリの被害を受けることもあります。
5年間 最高300万円を補償
エコボロンと従来製品の比較

躯体構造
躯体構造
「木造軸組パネル工法」

木造軸組工法の「間取りの自由性」と、2×4工法の「地震に強い」のそれぞれの長所を兼ね備えた工法です。軸と面で構成するためデザインの自由度と地震に対する強度の2つの良さを併せ持ちます。

木造軸組パネル工法
木造軸組工法:木材を骨組みとする構造。間取りや外観に自由が効き増改築も容易。/2×4工法:建物全体を耐力壁というパネルで構成するため地震などに強い。/木造軸組パネル工法:軸と面で構成するためデザインの自由度と地震に対する強度の2つの良さを併せ持つ。
一般的な木造軸組工法:「柱」や「梁」などを『点』で結合することによって、力が接合部に集中するので、部分的に負担がかかりやすい構造となります。
一般的な木造軸組工法:「柱」や「梁」などを『点』で結合することによって、力が接合部に集中するので、部分的に負担がかかりやすい構造となります。

耐震等級
耐震等級
「建築基準法の1.25倍の強度」

耐震等級とは地震に対する建物の倒壊や崩壊のしにくさを国が建築基準法によって3段階に表示したものです。ただし、住宅の耐震性というのは「間取り」に大きく左右されるものなので、和光の家ではお客様のご希望のプランに沿ったしっかりとした耐震等級を設けています。

耐震等級2-学校や病院など、災害時に避難所となる建物と同じ耐震性能
耐震座金
耐震座金
「耐震座金タイトニック」は木材の木痩せ、荷重による収縮や、地震などの振動による緩みを防止して、接合部の耐力低下を防ぎ、 耐震力を長期に維持します。
一般的な金物ネジ
一般的な金物ネジ

構造補償
構造補償
指定の第三者機関/ハウスジーメン
指定の第三者機関/ハウスジーメン

「対象となる保険の範囲」

住宅瑕疵担保履行法では、構造耐力上主要な部分および雨水の侵入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任を対象としています。

木造在来軸組工法戸建住宅の例-構造耐力上主要な部分/雨水の侵入を防止する部分

「保険の仕組み」

■補修等請求
保険期間中に事故が発生した場合、特定住宅瑕疵担保責任の範囲内において、お客様は和光グループに補修等を請求できます。

■保険金請求
和光グループは、特定住宅瑕疵担保責任に基づき補修等について検討し、保険金をお支払いする事由に該当する場合には、ハウスジーメンに保険金を請求します。

■補修等
和光グループが補修等を行います。

■保険金支払
和光グループが補修等を行った後、ハウスジーメンは和光グループに保険金をお支払いします。

■a.保険金直接請求 b.保険金支払
和光グループが倒産等の場合など相当の期間を経過してもなお特定住宅瑕疵担保を履行できない場合で、保険金をお支払いする事由に該当するときは、お客様は、ハウスジーメンに直接保険金を請求できます。

住宅瑕疵担保保険の仕組み

躯体構造
躯体構造

「屋根棟換気+外壁通気工法」

和光の家では、外壁の中の結露を防ぐため通気層を設け、自動的に湿気を排出することで、構造躯体の耐久性を飛躍的に向上させます。

 
 

屋根棟換気
外壁通気工法-合板(面材)-胴縁-サイディング-透湿防水シート-通気層-屋外/室内-高気密ウレタンフォーム-プラスターボード材-管柱

一般的な小屋根裏換気

一般的な小屋根裏換気

外気温度と室内温度の差が大きい場合、壁体内では結露が発生しやすい状態となります。結露の発生が度重なると、木材を腐らせる原因となり、構造躯体の耐久性にも悪影響を及ぼします。


断熱素材
断熱素材
「硬質発泡ウレタンフォーム吹付け」

現場吹付け発泡で細かい部分にも隙間なく充填でき、安定した断熱効果を発揮。水の力で吹き付けるので、フロンガスや有害なホルムアルデヒドも発生しません。

硬質発泡ウレタンフォーム吹付け

一般的なグラスウール

一般的なグラスウール

ガラス繊維でできた綿状の素材ですが、内部結露が起こると重みで下がってしまい、長年にわたって断熱性を維持するのは困難です。


結露対策
結露対策
「樹脂アングル+Low-E複層ガラス」

樹脂アングルの熱伝導率はアルミアングルの約1/1000で、温度差で発生する結露を抑え、住宅の長寿命化に貢献します。またLow-E複層ガラスは熱を通しにくいので、約49%の冷暖房費を軽減できます。

室外側から室内側へ:特殊金属膜(Low-E膜が遠赤外線の反射率を高めます)乾燥中空層(複層ガラスの断熱性を確保します)アルミスペーサー(ガラスの間隔を保ちます)乾燥剤(中空層を長期間乾燥状態に保ちます)二重封着材(大気中の水分が侵入するのを防ぎます)/※ZEH仕様の場合は、防火戸FG-Hを使用します。(リビングのみサーモスX)
一般的なアルミアングル+ペアガラス
一般的なアルミアングル+ペアガラス

外気との温度差がある場合、アルミアングル部に大量の結露が付いてしまいカビの原因にも繋がり内装のクロス材が痛みやすくなります。


バルコニー
バルコニー
「FRP防水+高耐久・高耐火タイル」

FRP防水は、軽量かつ強度・耐熱性・耐食性に優れている防水です。船・水槽・浴槽などに使用されています。

勾配をつけ水が流れるようにします。/ 下地が出来たらFRP防水を施工。
【高耐久・高耐火タイル】防火性能と紫外線遮断機能を上げる為、タイルを一面に貼る事で、防水性能が長持ちしメンテナンスもラクに。

一般的なバルコニー

一般的なバルコニー

一般的なモルタルやコンクリートは防水を目的とするものではありません。吸水性のある素材ですが、これだけで完全防水することは困難です。また、強度と耐久性がなければすぐにヒビが入り水漏れの原因となります。


防火性能
防火性能
「準耐火建物仕様(45分耐火)」
火をもらわない、出さない、延焼を遅らせる、などの性能があります。外壁の火炎に対する耐力から「45分耐火」と呼んでいます。

隣家などから火をもらわないとこはもちろんのこと、万が一部屋から火災が発生した場合、一定時間部屋から火を出さないことと、延焼を遅らせる仕様です。

火災保険料を半額もしくは6割引き程度まで節約可能となります。

一般的な建物

一般的な建物

外壁面の耐力壁が、火炎に犯されても30分間構造耐力上支障を招かない変形・溶解・破壊そのた損傷を生じない性能の建物。