[ 淀川河川公園タウン ]

おおさか東線開通で地価上昇も

おおさか東線

 もう一つ、毛馬地域には大きな魅力がある。2019年に全線開通を控える「JRおおさか東線」の開業だ。新路線は現地の東側を南北に走り、新大阪駅(淀川区)から久宝寺駅(八尾市)まで全長約20.3キロを結ぶ。すでに放出―久宝寺間は開業しており、現在は残りの新大阪―放出間の工事が進んでいる。

 開通すれば、最寄りの都島駅(仮称)が利用できるようになり、梅田の都心部を経由せずに新幹線を利用できるようになる。新駅が設置されれば間違いなく毛馬地域の地価が上昇するだろうから、この価格帯で土地を購入できるのはまさに今しかないといってもいい。


和光の家 – 淀川河川公園タウン-I
売主/(株)和光グループ本社
現地/大阪市都島区毛馬町4-9-19
最寄り/バス停「毛馬町二丁目」
区画数/全15区画【建築条件付き宅地】
土地面積/全区画100平方メートル以上(30.25坪)

 

淀川中が目の前。小学校も近い

すぐそばの小中学校

 淀川小学校から徒歩3分、淀川中学校は目の前にあり徒歩1分の立地。市内では、交通量の多い大通りを歩いて子どもたちが通学をすることが一般的だが、親としてはこれならば安心して通わせることができる。

 

梅田までは自転車通勤も

自転車で出勤のパパ

 また、梅田が勤め先という人には、自転車で通える距離というのも大きな魅力。2019年におおさか東線の新駅(仮称都島駅)ができ、新大阪まで一本。出張が多いという人にもとても便利な場所になる。「毛馬は移動手段がバスしかないのでは」といった今までの声は、そのうちに聞こえなくなるだろう。

≪構成と文= 大阪日日新聞≫

 ≫ 現地のモデルハウス「木の温もりを感じる家」

玄関の土間スペース

▲ 広い土間スペースに、アウトドア用品などを置いておけます。-「木の温もりを感じる家」