贅沢空間のレイヤードスタイルな家 ≪帝塚山中1丁目≫

今すぐ行ける

シェルターのように閉じた外観。
家の中は、風が抜ける開放感あふれる家。

「周囲の建物の雰囲気になじませつつ、存在感ももたせたい。」「造形にこだわった空間もよいが、ただただ雰囲気やムードの追求もしてみたい。」 住まいづくりのなかで、外観や空間デザインの検討をはじめたときに、誰もが、しっくりくるデザインと出会うための「手がかり」を探ったことがあるのでないかと思われます。

この家は、邸宅街の中の一棟として出発点し、「中へ入ったときの意外性」「家全体に光が満ちてゆく感覚」などをモチーフに、何か新鮮なもの、豊かな時間を過ごせそうな予感などを醸し出す建物デザインを試みました。

コンセプト

  • 階段デザイン

    階段を建物の中央部に配置していますが、階段ホールの壁や手すり壁が空間や視界をさえぎらないようなデザインとしました。

    2階のLDKが階段のこちら側と向こう側に分断されないほか、1階から3階までの全体で一体感が感じられます。

  • 間接照明

    柔らかな照明を、壁と天井の境目などのエッジ部分に配することで空間をぼやかせ、包み込まれるような雰囲気を醸し出します。

  • デッキスペース

    屋外のデッキスペースと屋内を一体的に使えるセカンドリビング、その中での過ごし方の豊かさなどにも目配りしています。

  • 外観

    フェンスや生垣などで囲われた家の多い邸宅街の1棟。開口の少ないファサードとすることで、外から生活空間が直接に見えにくいだけでなく、「中がどうなっているのかな?」と興味をかき立てる建物となりました。

土地面積 : 106.13㎡(32.10坪)
建延面積 : 128.78㎡(38.95坪)