見学予約・お問い合わせ

TOP >  土地活用

土地活用

LAND USAGE

大阪の住宅需要を熟知した
『和光グループ』だから出来る
最適な土地活用をご提案させて
頂いております

現在、土地をお持ちの方、ただ更地にしておくだけでは固定資産税や都市計画税を払うばかりで、何の価値にもなりません。上手く活用する事によって初めてその土地は有効資産と生まれ代わるのです。『和光グループ』では地元密着で半世紀。大阪市内を中心に多数の建設・不動産販売実績などで培ったあらゆるノウハ ウと経験を生かし、地域ごとに異なる価格・条件での「土地売却」や「賃貸アパート・マンション」や、「駐車場」などの土地活用まで、オーナー様の資産活用のため、最適な土地活用をご提案いたします。

土地活用の方法

  1. 1.土地売却

    土地は「持っている」だけでは資産とはなりません。むしろ固定資産税や都市計画税や相続税といった負担となる可能性すらあります。活用が難しいと思えば、売却して現金化し、その現金の使途をあらためて検討する姿勢も必要になります。その意味でも「土地売却」も立派な活用法の一つです。『和光グループ』では中古連棟住宅や居住中のアパート・ハイツ等でもオーナー様の負担なく売却いただけます。


  2. 2.駐車場経営

    一口に「駐車場経営」と言っても、さまざまな種類があり、周辺環境や面積、地形、さらには土地活用の目的も含めて検討する必要があります。「更地への復帰や、他への転用が簡単」というのが駐車場経営のメリットですが、初期投資が比較的大きくなる立体駐車場の場合、転用時に投資額が回収できていなかったり、解体に多額の費用がかかったりすることがあります。


  3. 3.賃貸マンション・アパート

    賃貸マンション・アパート経営は、「節税効果が高い(固定資産・所得・相続税など)」、「デフレ/インフレに強い」といったメリットのある土地活用ですが、同時に「投資額が多くかかる」、「供給過多で空室が増加傾向にある」というデメリットもあります。これらを考える場合には、該当地域の住宅需要を的確に捉えた上で、 しっかりとした計画が不可欠となります。


  4. 4.定期借地権住宅

    お持ちの土地の造成や区画整理を事業者が行い、建物を建てて販売(分譲)します。通常の分譲の場合、購入者は建物と土地を取得します。結果、売主である地主様は土地の所有権を失うわけですが、定期借地分譲の場合、購入者が得るのは建物の所有権と、「土地を借りて使う権利(借地権)」です。その借地権は50年後に必ず消滅しますので、オーナー様は土地を保有したまま住宅の分譲ができます。


実績例

  • 賃貸マンション
    /RC造5階建
    大阪市住吉区 長居4丁目

  • 賃貸マンション
    /鉄骨5階建
    大阪市住吉区 長居1丁目

  • 賃貸マンション
    /RC造8階建 
    大阪市阿倍野区 阪南町3丁目

  • 賃貸マンション
    /RC造4階建
    大阪市住吉区 長居1丁目

  • 賃貸マンション
    /RC造5階建
    大阪市住吉区 長居4丁目

  • オフィスビル
    /SRC造10階建
    大阪市中央区 玉造1丁目

  • オフィスビル
    /SRC造9階建
    大阪市淀川区 西中島7丁目